待っていちゃダメだろヒーローは

もう秋になる、はやいな〜あっというまだなあ〜 

いつまでも夏の余韻でひたひたに浸かっていたいけど、季節は待ってはくれないのでそそくさと夏の思い出まとめをします。

思えば単独公演が始まる前に雑誌で、今回はプレゾンの曲をアレンジしてやる というのを目にしていた。たくさんの人が喜んでた、わたしもそのうちの1人だった。でも正直不安だったりもしていて。わたしはこの目で実際にプレゾンを見たことがないし、ましてや、去年の夏も今年の冬のおわりにあったことも、遠い遠い外野から見ていた。ステージにしろできごとにしろ、この目で見ていないことを話すのはやっぱり後ろめたくもあり、いろんな人のブログも読んだりして胸をしめつけられる思いもしたけど、何にしろリアルタイムで感じていないから触れたくなかった。きっとこれからも深くは触れない。だから、みゅうとくんのこともどういう感情でいたらいいかわからなかった。
そんなふうにむかえた夏だったなあ〜

けどいざ蓋を開けてみればわたしがもってた変な先入観はいらなかった。自分が予想していたよりもはるかに多かったプレゾンの曲も、TJ仕様にアレンジした曲も、それ以外のかっこいい曲から明るい曲までぜんぶぜんぶ楽しかった。そうじゃん、とらびすじゃぱんはファンを楽しませてくれる天才じゃん!いつでも全力で最高のパフォーマンスを魅せてくれる人たちじゃん!!!当たり前のことを忘れてた…
まさか2017の夏に自分が \ ガイズプレイゾーン!/って叫べるとは思わなかった、ほんとうに思わなかった。この目で見れた、ちゃんと見れたよ、モヤモヤしてた感情なんかぜんぶいらなかったよ、楽しさと興奮が断然に勝って、生きててよかったー!!!!って叫びたくなるような気持ちになった。



いつも通りの7人でいてくれたから、明るくいてくれたから。みんな、みんなわかりきってたことも少し忘れさせてくれて。でもやっぱりオーラスは自分も泣いちゃうのかな〜どうかな〜ってヘラヘラしながら、ちょっぴり強がりをして入った。

夏の王様で、ステージ真ん中にギュッッッて集まる7人を見ながらわたしの胸もギュッッッてしたなあ〜 みんなの笑顔が眩しくて、勝手に幸せの鐘をカンカン鳴らしまくったし、夏おわらないで〜〜〜!!!って何度も何度も心の中で叫んだ…夏はおわりがあるからいいのにねっ

今夜君に捧げるこの全てDance for youのみゅうとくん。あまりにも歌詞にピッタリで、ずるくて、最高にかっこよくて、見るたびに恋してた… そしたら左右から影がビュッッて出てきて。え!?!?って思ったらそこには弟組がいて。うわあ〜〜〜ずるいのは歌詞だけにしてくれよお〜〜〜ってね。4人ともすっごい笑顔で踊ってて、それを見て優しく笑って踊るみゅうとくん。ああやっぱり7人にとっても特別な日なんだ、ってじわじわ心に染み込んできて。一瞬のことだったけど必死に目に焼き付けた。

限りある時間と限りない思いって歌うのも、夢なら覚めてるって歌うのも、いつも今が変われるチャンスだろって歌ってアップデートしてる7人も、ぜんぶぜんぶ目に焼き付けて。

最後のGuys。覇気がすごかった、会場丸飲みにしちゃうんじゃないの?ってくらい気迫で圧倒されて、叫びながら踊ってるのを見て、負けないようにこっちも声を出して。EXが燃えそうなくらい熱気が凄くて、7人のパワーを全身に浴びた。\ ヘイユガーイズ?/ \ ガーイズ!ガイズプレイゾーン!/ って叫んで白幕がバンッと落ちて本編が終わるのが本当にカッコよかった。世界で1番熱い空間だったと自信持って言える、それくらいみんな燃焼しきってた。

ダブルアンコで やっぱり最後はこれだろー!! ってスパノバを選んだのは度肝を抜かれた…ラスト怒涛に踊って、踊り狂って、そこからまたあのスパノバを…
最後の最後までとらびすじゃぱんを貫いてる姿にドキドキが止まらなくて無意識にめちゃくちゃ叫んでて。会場にいた人全員我慢できてなかったよね!!?!?あんなに大きな声で揃って \ 我慢できなーい!/ って叫ぶとは思わなかった…テンション上がってC&Rするスパノバが最高にドキドキしたなあ…

最後の挨拶でうみちゃんが
俺たちのこと好きかーーーー!!本当に好きかーーーー!!ついてこれるかーーーー!!そのままでいてくれーーーー!!
ってマイクとって、もう聞いたこともないくらいの熱量で声をガラガラにしながら叫んでくれて。なんかこう胸にドーーーンッてその言葉が突き刺さって、自然とでた言葉なのかわからないけど そのままでいてくれ って言葉を選ぶうみちゃんに、ずっと我慢してた涙腺スイッチが思わず緩んじゃったよ、つよい男だなあって思ったよ、かっこよかった

みんなそれぞれ挨拶があったかくて愛があって、とらじゃが大好きだよ〜〜〜って胸がいっぱいになって

そして最後のみやちかくん挨拶は、さっき曲中で目いっぱいにウルウルさせてたけど大丈夫かなあ?なんて見てたら、やっぱり泣きそうになって言葉をつまらせてて。おいおい〜ちゃかちゃ〜ん!って声が飛ぶなか、みゅうとくんが ちゃかちゃん本当に頑張ってくれてたもんね って言ってて。あ〜最後まで優しくて強いお兄ちゃんだあ〜ってまたこちらもウルウルしたし、感情に素直なみやちかくんが可愛いなってまたウルウルして。でも最後まで涙は流さず我慢したみやちかくんも強いな男だ〜って思った。すごい早く捌けてたけどね(笑)その涙が悲しい涙なのか達成感の涙なのかそんなことはわからないけど、少なからず悲しいだけではなかったようにも見えたよ〜、勝手な解釈だけど… こうやってまたどんどん強くなっていくんだな〜わたしもその強さを見習わなきゃな〜って思わせてくれた。

公演が終わってからのおおきなおおきな拍手も、そのあとの屋上での光景も、とらじゃ担のみなさまのあたたかさを感じた夜だった。悲しいだけじゃなくて、楽しい!!幸せ!!って思わせてくれたとらじゃに ありがとう って言いたい!!わたしたちもありがとうって叫びたかった!!まさかこちらが どういたしまして を言うことになるとは思わなくて、どこまでも優しい人たちだなあ〜って愛おしくなった。
とらびすじゃぱんが大好きだ〜〜〜!!!


夢のハリウッド / TravisJapan
夏のおわりに(仮)がとれた
初オリジナル曲にタップとステッキを操るなんてかっこいいね、とらびすじゃぱんらしくて、とらびすじゃぱんにとっても似合ってる曲、自慢したくなるような曲
まだまたこれから。なにがあろうと前に上に進んでくスピードに乗り遅れないようにわたしもついていくよ。

願い叶える 次のステップへ 俺らの心ひとつに 、だもんね!




自担至上主義のわたしが夏を終えていつのまにかひとつのグループを好きになってた
とらびすじゃぱんが大好きになってて、とらびすじゃぱんのみやちかかいとくんを大好きになってた
赤とピンクと青と紫と緑とオレンジと白
ごちゃごちゃすることなく綺麗に7色に染まって帰ってきたよ



忘れられない、忘れたくない夏

素敵な夏の思い出をありがとう

この思い出は大切に大切に宝物箱にいれておきます






そうそう、公演後の花火がとっても綺麗で、素敵な夏のおわりかたができました


f:id:aiii_08:20170829083003j:plain

まいったよ夏

最高以外にもっとこの素晴らしさと興奮を表す言葉がないのか!?ってくらい最高だったTravisJapan単独公演。その感想の前に私は書きたいことがあって、熱が冷める前に急がねばと思ったので勢いだけで書きます。文のまとまりなんか知らない!!!早くこの気持ちを書く!!!それだけ!!!そう、ついに私にも担降りブログを書くときがきた!!!


この夏私はEXシアターにいた。自分とは絶対に無縁だと思っていたし、来たとしても友達の付き添いだろうと思ってた場所に自分で申し込んで自分で当てて自分で六本木に来た。これはぜんぶ4ヶ月前のせい。ありがとう4ヶ月前、おかげで4ヶ月後はこんなに幸せな女になってるよ!!!
4ヶ月前といえばデジチケ事件で大変だったJr.祭りinたまアリです。もともと行く気のなかったはずのコンサートに1回だけでいいから入ろうと友人が誘ってくれて軽い気持ちで入りました。あんなに大量の沼の入口がある場所に軽い気持ちで入ってしまった…自分バカ!!!
案の定私はひとりの男に射抜かれてきました。一糸乱れぬ群舞を魅せていたグループのひとり。小柄なはずなのに全身から溢れ出るパワーがすごくてキレッキレに踊ったかと思えば、みんなとワチャワチャしてるときの笑顔が可愛くて眩しくて、そして誰も置いていかないように一生懸命煽ってくれるそんな優しい人。私はそんなに声を出すのが得意ではないから単純に嬉しくて、しかもその人の煽りは心地よくて声が出しやすくて自然と目で追っていた。追っていたおかげでダンスがどストライクだと言うことも分かった。ビビビッッときた。漫画かよ!ってツッコむレベルで電流走ってドキドキした、リズムのとり方も足の運び方も表情もぜんぶぜんぶドキドキした。本当にこんなの久しぶりで!転げ落ちるみたいに加速して〜って脳内BGMが流れながら超マッハで落ちた、こんな速さで落ちてスピード違反にならないか心配になるほど好きになった、そして家に帰ってから連れてきてくれた友人に感謝の言葉を長々と送った。

その日から毎日が楽しくて、新しいことを知れる毎日が充実していて、自分がその人の色に染まっていく毎日が新鮮で面白くてニヤニヤしてたと思う。
すっかり染まっていった私だけども、それまでに応援していた人をすぐには離れられなくて、もう降りちゃったの?って聞かれても うん とは答えられなかった。掛け持ちでいいじゃん!って思った。だってどっちも好きだもん!笑(根はDD)でも私はそんなに器用じゃないから自然とどちらかに偏ってしまうのは確かで、勝手に悩んでた、贅沢な悩みをしていた。
そんななか迎えた六本木での夏はすっっっっっごく楽しくてヲタク人生史上最高に楽しい夏だった!世界で1番楽しくて幸せなんじゃないかと真面目に考えた。はじめて春に見たときよりも大きく強くなっていた。
儚くも多幸感で溢れた夏。忘れられない忘れたくない景色だった。目に焼き付けた。最初にも行ったけど単独についてはまた別に書く〜!

そして夏が終わり今までと決定的に変わったのは、Jr.担になってはじめてユニットまるごと好きになったこと。TravisJapanとTravisJapanの宮近海斗くんを大好きになって、ついでにトラジャ担も大好きになって帰ってきた。あたたかくて優しいトラジャ7人とあたたかくて優しいトラジャ担。もうぜんぶ大好きだあ〜〜!って叫びたくなるくらい、たくさんの優しさに触れた。EXシアターがあったかかった。

そんなたくさんの幸せを持ち帰ってきたら自然と気持ちに整理がついてた。

やっとスッキリした!
モヤモヤしたまま降りるなんて言わなくてよかった!
これでちゃんと言える。




私はTravisJapanの宮近海斗くんに担降りします!!!